蒼穹の叡智ーとある大学生の備忘録ー

旧帝落ち地方公立大学2年生。ある現象の背後に存在するものを見抜いて、言語化するブログ。

抜きんでた人材の扱い方

日本では、傑出した特異な存在が育ちにくい風土があると言われている。

《いつの時代も突き抜けた能力を有した人間は限られている中でそういった人材をいかにして育て、社会の発展に貢献させられるか》というのは国策を考えていく上で見逃してはならない視点であると個人的に思っている。

トップレベルの才能を持っている人間を早くに見出し、恣意的に選別することで高い能力を伸ばすために系統的な教育を施し上位3%の「ハイタレント」を育成しようといった試みには、1963年に経済審議会が公表した『経済発展における人的開発の課題と対策』がある。

http://iss.ndl.go.jp/sp/show/R100000002-I000001041238-00/

こうした政策は所謂「選択と集中」の結果、より優れた能力を持った個体が優位に発現させることを企図しています。

しかしながら、このような策略で「本物の天才」を探り当てることは容易なことではないと思う。

何故ならば、

《能力の必然がなければ、偶然の幸いは活かせない》

という言葉に示されるように、素質は適切な環境が与えられた結果初めて発現するものだからです。当人がどのような能力を持っているかは、事後的にしか判断できないケースも多々見受けられるのではないでしょうか。

 

加えて、イノベーションを起こすような人材は既存の尺度や物差しでは測り得ないものです。その才能が先鋭的・前衛的・画期的なものであればあるほど、そうした能力を有した存在は社会からは「異端」として退けられ、憂き目にあってしまう確率が高い。

多様性を受け入れることのできる自由闊達な組織でなければ、真のイノベーションは生み出されません。

日本は科学技術振興費として拠出するのは専ら産業界と連携し経済的利益をもたらすことが高い確率で予測される、成功可能性が高い企画にばかり予算をつけていると言われている。

既存の教育体制は真面目で協調性があり、上からの命令に従順な労働力を組織的に生産することに傾倒し、個々人が有したポテンシャルを最大化させることを制度的に阻害しているのではないかと疑ってしまうほどです。

f:id:supernova0128:20170404103021j:image

本来「本物」が潰されることなく適切に育っていけば、社会全体にとっても多大なる利益をもたらすことになるはずなのですが、日本特有の「出る杭は打つ」という愚かな大衆メンタリティーによって本来の才能が開花することなく集団に埋没してしまっては本末転倒です。

自分より優れた存在、成功しそうな人間が自分と近いレベルに収まることを望み、引きずり下ろそうと考えてしまうことはとても愚かな行為だと思う。

〈行き過ぎた平等思想が社会を破滅に導くことは社会主義国の崩壊によって人類は既に証明してきたはずです〉

“優れた能力を持った者は稀有な存在であり、順当に育ってもらわなければ困る”という価値観が通念として広まっていっていけば才能が埋もれずに済むのですが...。

 

天才という存在にとっては、標準スペックの人間に合わせてつくられた世間で生きていくにはあまりにも生きづらさを感じさせる要素が多過ぎます。

詰まるところ、天才が凡人の集団に入ってしまうと、互いに足を引っ張りあってろくな結果をもたらさないため、天才は集団か個人でしか最大出力を発揮することが出来ないということですね。

とりわけ成長速度が早い時期に周囲の大人が社会の価値観に無理に押し込み、未来の可能性ある子供たちがポテンシャル開花に至るまでの阻害要因となっては元も子もない。