旧帝落ち地方公立大生のブログ

地方公立大学2年。ある現象の背後に存在するものを見抜いて、言語化するブログ。

底辺から社会階層を這い上がり、人生を逆転しようと思ったならば、あらゆる物を犠牲にしなければならないのかもしれない

学歴社会批判に関するネット記事や本などを拝見していると

「大学が階級社会のある種の再生産装置と化している」

すなわち、《競争社会において、大学がある種の画一的な学力間に基づき、国民を選別し序列化させ、格差を再生産する選抜機構となってしまっている》

といった言説を頻繁に見掛けます。

こうした主張の背後に存在するのは、

当初の能力差は僅かであったものの、
《学歴によって一方は周囲から高い期待値を受け、良質な成長機会を獲得できる可能性が高まり易い人》と、

その一方で《適切なチャンスを与えられずに単純作業に埋没していく人》との間に能力、人間関係、収入といった面でみるみるうちに差が開いていくという現実があるのではないか、という事です。
(もっとも高学歴の人の方が種々の能力や目標に対する取り組み方等で優れていることが多いという側面を考慮に入れる必要があるが)


稀に学歴や家柄が恵まれなくとも社会的成功を収める者が存在しますが、それらは

《途轍もなく運が良かった》

《実家が裕福である》

《勉強をまともにしてこなかっただけで元々のポテンシャルは高い》

といった所与条件の前提がないのだとしたら、【僅かな可能性を掴むためにあらゆるものを犠牲にして日々を送り、果てしない努力の結果、人生を切り拓いていった】パターンである確率が高いと思われます。

大多数の人は現実を変えようと行動を起こそうと試みても、最終的には易きに流され生を浪費して過ごしていく生き方を選んでいく。

一方で、悪環境に生まれた人間の中には、苦しみに耐えきれず最終的に自殺を選ぶ人間も大勢います。
這い上がろうとする人達は途轍もない痛みと恐怖を伴いながら、様々な重圧に耐え、想像を絶する精神的負荷と闘いながら上を目指していく。

世界は残酷で理不尽なものだと突き付けられ、それでも苦しくて苦しくて助けてほしくて救われたくて、心の底では救われたいと思いながらも、弱者は世界から見捨てられてるという心身に刻み込まれた恐怖の掟は、助かりたいという自分自身の気持ちもズタズタに切り刻み、胸を裂くような痛みに襲われる。

そんな凄まじい抱えながら、一縷の望みに全てを託し“負ければ終わる”という覚悟を決めて自分を引き止めて毎日必死に食らいついていく。


加えて、その過程では必然的に《孤独が深化する》ことになります。

“当初は同じ志を共有していた仲間が、次第に耐え切れずに徐々に離脱していく”という経験を恒常的に経験していき孤独に苛まれることになる。


ある方のTweetを引用させて頂くと、

悪い方向に進んでしまった友人、自殺してしまった人、脱落した同期、今日も大勢不条理に死んでいるのが現実だけど、だからと言って一緒に死ぬ事が答えではないと思っている。ごめんねと私は先に行くねと思ってやり続けるしかないんだろう。(‪@lableuroseepine)‬

自分を変えるとは、どん底から這い上がるとは、こうやって突き進む強さなのだと思い知らされます。

あらゆる逆境を乗り越えた先に辿り着いた社会の上層部、トップレベルや本物しかいない環境下では、常人には想像もつかない程の、文字通り“殺し合い”と形容しても差し支えない闘いが繰り広げられています。


常人の精神力では耐え切れない壮絶な痛みに耐え抜き努力し続けた者だけが辿り着ける境地というものがあるのです。

人によっては耐えられず、元の場所に留まりつづけるでしょう。

努力とは高次元の環境に辿り着く為の、環境から選ばれる為の入場券のような物なのかもしれません。

しかしながら、その結果彼らが得るものは、犠牲にしてきたものと等価値で有るかは定かではありませんし、ましてや幸福などとは対極に位置するものになってしまう事が多いのではないか。

《心を喪ってしまったら、人は人でなくなってしまう》

結局のところ、素のままで勝負して勝てる人なんて限られてるし、良いもの、凄いものを生み出せる人は裏ではそれ相応の対価は払ってると見たほうが良いでしょう。


人生は基本的にクソゲーなんです。理不尽なんです。
あまりにも運の占める割合が高すぎる。世界の彩られ方も与えられた所与条件・選択肢も結局は“運”という要素に帰結してしまう。

『自分にとって良い社会が、別の誰かにとっても良い社会であるのか』と言われたらそうではない場合だって多いんだ。

だから不幸な生い立ちの人間が主観的な幸福を得ることは、ラクダが針の穴を通ることよりも困難な事であるのかもしれない。

それでも、歯をくいしばり血眼になって必至に自らの信じた道を突き進んだ末に成功した人間に対して僕は心からの称賛の声を送りたいと思う。


痛みに耐えてよく頑張った、感動した。
(小泉純一郎)