The Indirect Method exceed illution

旧帝落ち地方公立大学2年生。ある現象の背後に存在するものを見抜いて、言語化するブログ。

教師や親の役割は“子どもに叶いもしない夢を見させない”事でもある

今、本当に自分に適した職業に就いている社会人や、将来の具体的なイメージや明確な目標を持っているような学生はごく僅かではないでしょうか。


現代の競争社会においては、

いくつまでに結果を出さなくてはならない、

何歳までに結婚しなくてはならない、

新卒で大企業に就職しなければならないと

《人生の目標設定を早くの段階に置きがちです》


しかしながら、これほど人間の寿命が延びた時代において、若いうちに燃え尽きてしまったり、選択を誤ってしまってはその後の人生は充実したものとは言えません。

残念ながら、若い人がその最初の就職機会で自らの適性に合致し、潜在能力を遺憾なく発揮できる仕事に出会える確率は限りなく低いです。

素晴らしい未来を手にする事があり得たはずの人が、不幸にも人生の選択を誤ってしまったが為に、不本意な道しか選べなくってしまうことは大変心苦しいことだと思います。


日本では通常の場合、『大学入試』と『就職活動』がその人の将来を大きく左右する一大イベントとなっています。

しかしながら、高校卒業の時点で既に将来自分が働くイメージを具体的に持って進学を決める事が出来るような人は殆どいません。

そうした中で現在の高等教育現場においては、キャリア教育が圧倒的に不足しているのが現状です。

加えて、義務教育と高校で学ぶような国語・数学・英語・理科・社会などの知識は、大凡社会で求められるスキルとはかけ離れたものとなっています。

僕には、公教育の現場を『聖域化』し、生徒が持つ適性を見抜き、本人の希望する道筋とをうまく調整出来るような指導を出来る人材が関与することを避けているようにも思えます。

高校教員は進路決定やその後の人生に大きく関与する現場での指導力を有している人材とはとても思えません。既存社会の在り方に関する実感的な知識・情報を有し、職能発掘に長けた人材が適切な道を示してあげる事が必要ではないでしょうか。

進路指導の現場では時として、その子の将来を真に案じるならば、
『君には向いていないから、別の選択肢も考えてみたら?』と諭してあげることも優しさであり、そうした厳しさが求められる場面も往々にしてあります。

【自分が選択した道をただ単に応援したり、うわべだけの優しい言葉をかけてくれる人ではなくて、時に自分に厳しい言葉をかけてくれる人と出会えるかどうかも進路選択において極めて重要な事だと思います】

結局、後になって自分には向かないものを選んでしまった結果、苦しい思いを強いられるのは本人なのですから。

さらに僕は、
《イメージできることは具現化できる事である》

《強い想像力は確かな現実変成力を有している》

と思っています。

しかしながら、具体的なイメージを持つ事すらままならない段階で、将来の進路を決めていかなくてはならない日本の進路選択システムはとても恐ろしくも感じます。


現実は甘くない、本当に。

あまりにも理想と現実が乖離して、その差を埋めきれずにいると苦しいんですね。人生とは、理想と現実にどう折り合いをつけて生きていくかに他なりません。

生きていくためには、時として理想を捨て現実解を選択せざる得ないないことも多々あります。それが人生というものです。

進路指導やキャリア教育の役割は、“夢”や“やりたいこと”を見つめさせるとともに、「現実」との折り合いをつけさせること、即ち
《不適切な(現実とそぐわない)自己評価をしている子供たちの自己評価を下方修正させること》でもあります。

教師や周囲の大人たちが現実社会の厳しさ、リスクマネジメントの大切さを伝えるべきであり、こうした大切な事をきちんと教えないことは無責任なことのようにも感じます。

これからの時代は、人生の過程における軌道修正を適切に行えるか否か、身の丈にあった諦念を受け入れる事ができるか否かが、個人の幸せを大きく左右すると思います。


最後に、【自分に向かない仕事を嫌々せざるを得なくなり不満を抱えた人々が今後、益々増加していけば、成功者に対する妬みや体制に対する欺瞞を動機として既存の社会秩序を崩壊させる危険分子になり得る】と付け加えておきます。