The Indirect Method exceed illution

旧帝落ち地方公立大学2年生。ある現象の背後に存在するものを見抜いて、言語化するブログ。

国際政治は外交カードの切り方の問題として捉えると分かりやすい

国際政治の問題は捉える視点を見誤ると全く理解不明で訳わからなくなってしまう為、ひとつの視座として、

「カードをどう切るか」に着目すると良いと思います。

そのカードというのは主に、

「外交上利用できる切り札」や
「交渉のときの有利な条件」であると考えて頂ければ良いです。

-そもそも外交とは-

  • 「外交の本旨は、国家と国民の利益のために貢献することにある。変化する現実の中で国家と国民の利益に最も応えると信じる施策を立案し、その実現のためにたゆまぬ努力を続けていくことが、国民の前に、職業としての外交官の意義を示すこととなる。私は、そう確信する」東郷和彦(駐蘭大使)


その中でも『外交交渉』がとても重要な概念で、

外交において実際に首相や外交官などの国家の代表が相手国の代表と対面して実施し、何らかの合意を取り付けるための交渉(Wikipediaより)


まとめると、《外交交渉に使えるカードの総和が、一国家の外交力そのものに他ならない》という見解が個人的にしっくりきます。


よく中国🇨🇳や韓国🇰🇷が対日カードとして使ってきているのは、「従軍慰安婦問題」の謝罪要求や「竹島問題」「尖閣諸島」などの領土問題、「靖国参拝」を絡めてくることが多いですね。

これらの背後には日本との歴史問題や戦争犯罪を利用し、外交利益を得ようとする意図が明確に表れています。

たまに、「そんな事言わないでお互い仲良く協調していけばいいじゃないか!」という理想論的・感情的な意見も見受けられますが、

両国はそれぞれ固有の思想や政治体制、領土をもっており、思惑通りに自国の利害を優先させていく方向に事を進めていかなければ他国の都合の良いように利用されてしまいます。


すなわち、《外交では要求事項やどこまで譲歩するかに関して、各国の動きを踏まえながら自国の国益を最大限に実現していくことが求められている》と。


それで具体的にどんなカードがあるかというと、僕が思いつく限りでは、

関税引き上げ要求
輸出の自主規制
内需拡大の要求
経済支援
経済封鎖
入国管理の強化・緩和
緊縮財政

民間団体等の国際交流
人材、技術交流
自国内での反◯教育
世論誘導
記念式典
条約締結
スポーツや文化交流
平和維持活動
大規模な災害に対する援助
人道支援

それと国際世論に訴えるというのもありますが、実効性が低いかなと思います(やってもあんまり効果が薄い)


とりわけ《敵対勢力に対する包囲網を構築する軍事プレゼンス》は外交交渉に極めて大きく影響を及ぼします。

やはり外交上の話で安全保障や軍事関連の内容は避けては通れませんね。


日本はとくに安全保障上の分野で国際社会のキープレイヤーとして存在感を発揮していかなければならない立場に置かれているという認識は持っておいた方が良いと思います(殆どの国から日本は積極的な世界への貢献・関与を求められているはず)。