蒼穹の叡智ーとある大学生の備忘録ー

旧帝落ち地方公立大学3年生。誰かの人生にほんの少しだけ影響を与えられるような文章を書きたい。

目的と努力

人間の行為には何らかの目的があり、その未来に向けて意識的であるにしろ、無自覚的であるにしろ、そういった行為そのものの在り方について各人が考えることは少ないのではないでしょうか。

特に手段は目的に達する過程における行為媒体であり、見誤ってはならないと思います。

明治時代の詩人・教育者である後藤静香の言葉ですが、

「目標がその日その日を支配する」

すなわち、夢や目標を持つ人とそうでない人とでは日々の過ごした方が変わってきます。

こうありたいと強く願うほど、想いは現実となる。

今後も刹那的に生き、

現状のままの人生を続けていくのか

それとも、

自己研鑽をつんで生きていくのか

周囲に流されることなく自分の人生に地に足を付けて、自分の可能性を拡げていく努力をしていきたいですね。