読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旧帝落ち地方公立大生のブログ

地方公立大学2年。品格があって、奥深く、それでいて分かりやすい文章を目指して綴っていきます。ある事象の背後に存在する本質を的確に捉え言語化して表現したりします。

ニューヨーク&トロント主要観光地まとめ

春休みを利用してアメリカ(ニューヨーク州)とカナダ(トロント)に行ってきたので写真をまとめて乗っけておきます。《ニューヨーク・マンハッタン》街並みセントラルパーク(Central Park)Belvedere Castleタイムズスクエア(Times Square) 国際連合 (United Nat…

自分の将来をどのようにして決めていけば良いのか

学生時代においては誰しも将来自分がどんな職業につけば良いのだろうかと思案に暮れるのはきっと誰しもが経験のあることではないでしょうか。自分のキャリアを考えていく過程において僕が重視している労働や職業に対する考えや視点に関してノートに書き記し…

現代における職業と社会的位置付けの関係性

現代社会においては封建時代にあった身分による職業の固定化や近代市民革命を経て、私有財産制と共に職業選択の自由(憲法22条1項)が保障されるようになった結果、名目上は個人が自己の従事する職業を自由に決定する権利を保有しています。〈職業に貴賎はない…

概念の操作

よく自分の脳内で頻繁に登場するキーワードを列挙してみました。 こうして改めて振り返ってみると自分が関心のある領域が浮かび上がってきて、自分の思考を俯瞰できるのでお勧めです笑 ライフヒストリー ポテンシャル(可能性) 世界の彩られ方 社会の仕組み …

底辺から社会階層を這い上がり、人生を逆転しようと思ったならば、あらゆる物を犠牲にしなければならないのかもしれない

学歴社会批判に関するネット記事や本などを拝見していると「大学が階級社会の再生産装置と化している」すなわち、《競争社会において、大学がある種の画一的な学力間に基づき、国民を選別し序列化させ、格差を再生産する選抜機構となってしまっている》とい…

全力を尽くして敗北した人間にしか出来ない生き方とは

《全力を出さないうちは「可能性の中に生きる」ことができる》この言葉はすごく実感値として分かります。全力を尽くすということは、自分の持てる力すべてを発揮してなりふり構わず取り組むということです。だからこそ、全力を出し切った末に敗北した場合、…

一年前...

僕が現在通っている大学は受験生時代、「受験することすら想定していなかった」レベルの大学でした 。 僕の第一志望は地元の名門である名古屋大学。当時の自分にとって受験は文字どおり人生を懸けた挑戦でした。僕の人生設計は、努力の末に旧帝大に受かり、…

日本で在日朝鮮人に対するイメージが良くない理由

日本には現在、200万人以上の外国人が暮らしていると言われています。しかしながら、その中で「在日朝鮮人」に対して不当に劣悪なイメージが社会の中に根付いているように感じます。 僕は《こうした日本の一部に蔓延る在日朝鮮人への排外感情は主にマスコミ…

語彙力の有無が知的能力の差異を規定するのか

私たちが特定の人を“頭の良い人”と評する際に、その人が話す内容(=言葉)即ち【物事に対する回答や認識や判断や行動が精緻で、合理的で汎用性があるということを主として基準にし、それらを当人のとった行動や発話行為を通して感じ取ることで、その人が知的…

教師や親の役割は“子どもに叶いもしない夢を見させない”事でもある

今、本当に自分に適した職業に就いている社会人や、将来の具体的なイメージや明確な目標を持っているような学生はごく僅かではないでしょうか。 現代の競争社会においては、いくつまでに結果を出さなくてはならない、何歳までに結婚しなくてはならない、新卒…

日本の未来における微かな希望は“民間の非営利組織”にあるって話

現状、日本社会全体に問題があり過ぎて「世の中クソだ😩」と感じる人々が、特に20-30代を中心に多くなってきているように感じます。 公共政策の分野に関して言うならば、世の中の問題を解決しようとするアプローチとして従来型の「中央集権的な政府主導による…

高学歴・高収入なのに残念な人とは

たとえ年収や学歴が高くとも、人として尊敬できないなと思うような方々をちらほらと散見します。こういった背景にあるのは、《日本が推し進めてきた教育・社会政策における課題が露呈してしまった帰結だ》とみている。エリートの本来、《単に社会構造上にお…

物質的な豊かさを追い求める時代の終焉

僕自身、おそらく今後の社会では、【人々の働く動機が単純な拝金主義(金銭を至上の価値あるものとして尊重する考え方)ではなく“人との繋がり”、“社会貢献”、“やりがい”といった精神的な満足感を重視したものへとモチベーション構造が漸次的に変動していく】…

一般に意識高い系と呼ばれる大学生は実際にどういった人たちなのか

世の中の大学生の中には、俗にいう“意識の高い活動をしている人たち”が一定数存在します。僕自身はそういった方々をみると、「すごい、頑張ってるな」 「将来の目標に向けて、いろいろ考えていて偉いなぁ」と素直に感嘆するのですが、一部の方々の中には身の…

“情報”格差社会において大切なのは知識量ではなくクオリティーを吟味する能力だと思う

なかなかセンセーショナルな題名ですね(笑)普段の僕はあんまりこういった話を基本的にはしないのですが、個人的にかなり重要なことだと思っています。個々人の意識的な問題なので、公のなかでまず話の話題に挙げることはありませんが。それは主に、“自分が所…

国際政治は外交カードの切り方の問題として捉えると分かりやすい

国際政治の問題は捉える視点を見誤ると全く理解不明で訳わからなくなってしまう為、ひとつの視座として、「カードをどう切るか」に着目すると良いと思います。そのカードというのは主に、「外交上利用できる切り札」や 「交渉のときの有利な条件」であると考…

教養欲しいよねって話

そもそもなぜ教養が求められるのでしょうか。A.教養ないとバカっぽくみえるから -完- というのは冗談です(笑)ちゃんと詳しく解説していきます。 よく有識者の方々が書かれた見解や社説をみていると、近年日本人の教養レベルが衰退し危機的な状況にあるという…

今の世界のカオスな状況はグローバル化のもたらした負の側面の露呈だと思う

昨今の世界情勢をみてていつも混沌としているなと感じます。かつてグローバル化の中心として覇権を握る資本主義国家であり、IT革命が最も進展し、巨大な軍事力を有し栄華を誇っていたアメリカが反グローバリズムを叫ぶトランプ氏の登場により「意気揚々と撤…

報われない努力はしない方が良い

前述した記事の続きの内容ですhttp://supernovana01ntural.hatenablog.com/entry/2017/01/31/134710核心部分だけ抽出しておきました僕自身が考える努力の定義は【外的な規範・評価軸と自分の掲げる目標とする姿を重ね合わせ、現状を変えるためにそれに向かっ…

「事前分配政策」-市民の政策関与に関して-

かつての僕は、自分が文科省のキャリア官僚になって日本の教育行政を変革するんだ!みたいな熱過ぎる思いと大いなる野望を抱いていたわけですが、 前述したような、努力のデメリットの大きさと、受験失敗、官僚組織特有の堅固な権力構造、既存の政治に対する…

名言の真の意味は受け手側のリテラシーがなければ理解されない

僕は名言が好きです。よく漫画やアニメ、経営者、スポーツ選手、哲学者たちの名言をインターネットで調べたり、それらをまとめて掲載している本を読んで、スクショしたりノートに書き留めたりしています。一般的に名言という言葉から連想されるのは〈過去の…

過去は変えられるって話

「過去」は「未来」によって、いくらでも意味をつけられる。「過去」の評価は、これから未来をつくる 「今の自分」が決めればいい。過ぎてみれば、すべてに意味があったように未来を変えていけばいいのだ。(伊藤真伊藤塾塾長) 司法試験や公務員試験といっ…

努力は必要、けれど人は努力では幸せになれない

かつての自分は一流大学や経営者、政治家、弁護士、医者等々の社会的地位の高いステータスに人一倍憧れを持っていました。でも最近少しずつ、それはあくまで人に対してではなく《地位や肩書きや経歴》に対して憧憬の念や憧れを抱いていただけだったのだと考…

I love youをどう訳すかでその人の人間性が垣間見える

I love you. 普通に訳せば、〈貴方が好きです〉となります。 この記事を読んでふとなるほどなって思ったので、書いてみました。 http://oniyomech.livedoor.biz/archives/43904738.html かの有名な夏目漱石は明治時代中頃、文豪として名を馳せる以前、英語の…

現代における哲学の担う役割

高校時代までは、「学業成績」や「帰属集団における相対的地位(=スクールカースト)」、「友達の多さ」といった絶対的な評価軸が存在し、そうした世界で生きてきた人間が大学に入学して以降、社会におけるあまりの評価基準の多様さに打ちひしがれるのは通過…

娯楽の本来的な在り方

娯楽は本来、息抜きのはずなのにそれ自体が目標になってるなと思うことはよくあります。 例えば、スマートフォン 本来、連絡手段や情報収集ツールといった目的が先にあるはずなのに無意味に時間を浪費する消費物に成り下がっているような感じが否めません。 …

はじめに

こんにちは。 私は地方公立大に通う大学生です。 このプログを始めるに至ったきっかけは、 『能力は社会の共有財産である』 『より良く学ぶことは人生や社会を豊かにすることに繋がる』 『勉強した事を社会に還元してはじめて付加価値が生まれる』 『世の中…